☆スタッフブログ☆YouTube動画【マネーTV】”100万円”投資_金融商品の選び方!初心者でも分かりやすい“超入門”知識!

 

こんにちは!スタッフのマホです。
お金のプロではない私が、エターナルフィナンシャルグループ㈱に入社してから知ったお金に関する事や、『●●をはじめてみた!』等の内容で、ブログを書かせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします^^

 

今回は、【”100万円”投資_金融商品の選び方!初心者でも分かりやすい“超入門”知識や目的の定め方を体系的に解説!】の中から、<金融商品を選ぶまでの5ステップ> についてです^^。

 


知識

①金融商品3つの特性
②金融商品4つのリスク
③リスク軽減とリターンの安定方法
目的 ④リスク許容度と投資方針
⑤商品選択(初心者向け)

 

まず、知識の部分の【 ① 金融商品の3つの特性 】からみていきましょう!

 

①金融商品3つの特性

 安全性 
<預けたお金が目減りしたり、予想外の損をする可能性はないか?>

 流動性 
<どのくらい自由に現金に換えられるか?>

 収益性 
<どのくらいの運用利益が見込めるか?>

主なチェックポイント

 安全性 
●金融商品から生ずる利益が変動するか。●金融商品自体の価格や価値が変動するか。

 流動性 
●満期や据置期間があるか。●中途解約ができるか、換金手続きはスムーズか。

 収益性 
●どのくらいの利回りが見込めるか。●どのくらいの値上がり益が見込めるか。

 

詳しくは、マネーテレビYouTube動画【マネーTV】”100万円”投資_金融商品の選び方!初心者でも分かりやすい“超入門”知識や目的の定め方を体系的に解説! にて、ぜひご覧ください^^

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ

 

 

 

②☆スタッフブログ☆YouTube動画【マネーTV】~将来のマネープラン~お金の貯め方3つのポイント「4大資金はいくら必要?」~積立て商品の選択肢~

 

こんにちは!スタッフのマホです。
お金のプロではない私が、エターナルフィナンシャルグループ㈱に入社してから知ったお金に関する事や、『●●をはじめてみた!』等の内容で、ブログを書かせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします^^

 

今回は、【マネーTV】将来のマネープラン~お金の貯め方3つのポイント~「4大資金はいくら必要?」の中から、お金の貯め方3つのポイントについてです^^。

 

 ~お金の貯め方3つのポイント~ 

①積立目的を明確に決める
②積立金額を明確に決める
③積立期限を明確に決める

こちらを踏まえた上で、積立て商品の選択肢についてです。

 

 殖やすお金 

 

相続・介護 老後生活費 老後住宅費 教育資金
 

・変額保険
・終身保険
・終身介護保険
・生前給付終身保険

 

・iDeCo、企業型DC
・変額個人年金保険
・個人年金保険
・つみたてNISA
・投信積立
・ジュニアNISA
・投信積立(債券型)
・学資保険
保険金 年金 一時金 年金一時金

 

それぞれにあった商品の選択肢を知ることが一目でわかるのでとても参考になる表ですね^^

 

詳しくは、マネーテレビYouTube動画【マネーTV将来のマネープラン~お金の貯め方3つのポイント~「4大資金はいくら必要?」】 にて、ぜひご覧ください^^

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ

 

 

 

☆スタッフブログ☆YouTube動画【マネーTV】~将来のマネープラン~お金の貯め方3つのポイント「4大資金はいくら必要?」~ポイント③~積立期限を明確に決める~

 

こんにちは!スタッフのマホです。
お金のプロではない私が、エターナルフィナンシャルグループ㈱に入社してから知ったお金に関する事や、『●●をはじめてみた!』等の内容で、ブログを書かせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします^^

 

今回は、【マネーTV】将来のマネープラン~お金の貯め方3つのポイント~「4大資金はいくら必要?」の中から、お金の貯め方3つのポイントについてです^^。

 

 ~お金の貯め方3つのポイント~ 

①積立目的を明確に決める
②積立金額を明確に決める
③積立期限を明確に決める

今回はこの中の ③積立期限を明確に決める についてです!

 

③積立金限を明確に決める

 殖やすお金 

相続・介護 老後生活費 老後住宅費 教育資金
今から生涯にわたり 60歳、65歳 60歳、65歳
築年数25年~35年
子供が
高校3年生11月末
保険金 年金 一時金 年金一時金

 

それぞれ、きちんと把握していないと何で準備するのが最適かという事も分からないですね!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

詳しくは、マネーテレビYouTube動画【マネーTV将来のマネープラン~お金の貯め方3つのポイント~「4大資金はいくら必要?」】 にて、ぜひご覧ください^^

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ

 

 

 

☆スタッフブログ☆YouTube動画【マネーTV】~将来のマネープラン~お金の貯め方3つのポイント「4大資金はいくら必要?」~ポイント②~教育資金~

 

こんにちは!スタッフのマホです。
お金のプロではない私が、エターナルフィナンシャルグループ㈱に入社してから知ったお金に関する事や、『●●をはじめてみた!』等の内容で、ブログを書かせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします^^

 

今回は、【マネーTV】将来のマネープラン~お金の貯め方3つのポイント~「4大資金はいくら必要?」の中から、お金の貯め方3つのポイントについてです^^。

 

 ~お金の貯め方3つのポイント~ 

①積立目的を明確に決める
②積立金額を明確に決める
③積立期限を明確に決める

今回はこの中の ②積立金額を明確に決める の中から~教育資金についてです!

 

②積立金額を明確に決める ~教育資金~ 

 

大学資金 私立短大 国公立大学 私立大学文系 私立大学理系 備考
入学費用 66.9万円 71.4万円 86.6万円 84.5万円 受験費用
学校納付金
入学しなかった学校への納付金
年間在学費用 147.8万円 107万円 157.6万円 184.3万円 授業料、通学費、
教科書代
塾の月謝、お稽古ごとの費用
合計 362.5万円 499.4万円 717万円 821.7万円 私立医歯系の場合は、私立理系に1,500万~2,000万円プラス
下宿の場合は、年間平均102.3万円(月額8.5万円)の仕送りが必要です。

出典:日本政策金融公庫「教育費負担の実態調査結果」令和1年度

 

 

詳しくは、マネーテレビYouTube動画【マネーTV将来のマネープラン~お金の貯め方3つのポイント~「4大資金はいくら必要?」】 にて、ぜひご覧ください^^

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ

 

 

 

☆スタッフブログ☆YouTube動画【マネーTV】~将来のマネープラン~お金の貯め方3つのポイント「4大資金はいくら必要?」~ポイント②~老後住居費~

 

こんにちは!スタッフのマホです。
お金のプロではない私が、エターナルフィナンシャルグループ㈱に入社してから知ったお金に関する事や、『●●をはじめてみた!』等の内容で、ブログを書かせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします^^

 

今回は、【マネーTV】将来のマネープラン~お金の貯め方3つのポイント~「4大資金はいくら必要?」の中から、お金の貯め方3つのポイントについてです^^。

 

 ~お金の貯め方3つのポイント~ 

①積立目的を明確に決める
②積立金額を明確に決める
③積立期限を明確に決める

今回はこの中の ②積立金額を明確に決める の中からについてです!

 

②積立金額を明確に決める ~老後住居費~ 

 

新築マンション


全国平均4,437万円

土地付注文住宅


全国平均4,113万円

戸建新築


全国平均3,442万円

戸建全面リフォーム


中心価格1,000~1,250万円

出典:2018年フラット35利用者調査所要資金(全国平均)/出典:ホームプロ

60歳以降で住宅ローンを利用する場合、担保掛目50%(リ・バース60)が目安となる。
そのため、持ち家の売却利益+自己資金(1,000~2,000万円)が必要となる。

 

 

詳しくは、マネーテレビYouTube動画【マネーTV将来のマネープラン~お金の貯め方3つのポイント~「4大資金はいくら必要?」】 にて、ぜひご覧ください^^

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ

 

 

 

☆スタッフブログ☆YouTube動画【マネーTV】~将来のマネープラン~お金の貯め方3つのポイント「4大資金はいくら必要?」~ポイント②~老後生活費~

 

こんにちは!スタッフのマホです。
お金のプロではない私が、エターナルフィナンシャルグループ㈱に入社してから知ったお金に関する事や、『●●をはじめてみた!』等の内容で、ブログを書かせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします^^

 

今回は、【マネーTV】将来のマネープラン~お金の貯め方3つのポイント~「4大資金はいくら必要?」の中から、お金の貯め方3つのポイントについてです^^。

 

 ~お金の貯め方3つのポイント~ 

①積立目的を明確に決める
②積立金額を明確に決める
③積立期限を明確に決める

今回はこの中の ②積立金額を明確に決める の中から老後生活費についてです!

 

②積立金額を明確に決める ~老後生活費~ 

 

単身世帯
(65歳以上・無職)の
1ヵ月の家計収支
実収入約12.3万円
実支出約16.2万円 毎月
約3.9万円不足
ゆとりある老後資金
平均約17.7万円
毎月
約5.4万円不足

 

2人以上世帯
(65歳以上・無職)の
1ヵ月の家計収支
実収入約22.3万円
実支出約26.5万円 毎月
約4.2万円不足
ゆとりある老後資金
平均約34.6万円
毎月
約12.3万円不足

 

出典:総務省家計調査2018年※実収入は厚生年金加入者で計算。実支出は消費支出に直接税・社会保険料等を加えた金額

最低でも、毎月5万円ほどは不足してしまうと考えると早い段階から準備しておかないといけませんね!

 

詳しくは、マネーテレビYouTube動画【マネーTV将来のマネープラン~お金の貯め方3つのポイント~「4大資金はいくら必要?」】 にて、ぜひご覧ください^^

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ

 

 

 

☆スタッフブログ☆YouTube動画【マネーTV】~将来のマネープラン~お金の貯め方3つのポイント「4大資金はいくら必要?」~ポイント②~介護費用~

 

こんにちは!スタッフのマホです。
お金のプロではない私が、エターナルフィナンシャルグループ㈱に入社してから知ったお金に関する事や、『●●をはじめてみた!』等の内容で、ブログを書かせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします^^

 

今回は、【マネーTV】将来のマネープラン~お金の貯め方3つのポイント~「4大資金はいくら必要?」の中から、お金の貯め方3つのポイントについてです^^。

 

 ~お金の貯め方3つのポイント~ 

①積立目的を明確に決める
②積立金額を明確に決める
③積立期限を明確に決める

今回はこの中の ②積立金額を明確に決める の中から介護費用についてです!

 

②積立金額を明確に決める ~介護費用~   

 在宅介護の場合(例) 

5年間で  約390万円

10年間で  約711万円

 

 1ヵ月の自己負担額 53,556円 

    +

 初期費用 690,000円 

 

●初期費用の内容と費用の目安

トイレの手すりの取り付け 約3万円~
介護用ベッド(特殊寝台) 約15万円~約80万円
車椅子(電動式) 約20万円~約60万円

 

 

 施設介護の場合(例) 

5年間で 約1,568万円

10年間で 約2,836万円

 

 1ヵ月の自己負担額 211,364円 
     +
 入居一時金 3,000,000円 

 

施設介護の場合の費用はとてもかかりますね。。。事前にしっかり準備しておかないといけないですねΣ(・□・;)

詳しくは、マネーテレビYouTube動画【マネーTV将来のマネープラン~お金の貯め方3つのポイント~「4大資金はいくら必要?」】 にて、ぜひご覧ください^^

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ

 

 

 

☆スタッフブログ☆YouTube動画【マネーTV】~将来のマネープラン~お金の貯め方3つのポイント「4大資金はいくら必要?」~ポイント②~相続税納税資金~

 

こんにちは!スタッフのマホです。
お金のプロではない私が、エターナルフィナンシャルグループ㈱に入社してから知ったお金に関する事や、『●●をはじめてみた!』等の内容で、ブログを書かせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします^^

 

今回は、【マネーTV】将来のマネープラン~お金の貯め方3つのポイント~「4大資金はいくら必要?」の中から、お金の貯め方3つのポイントについてです^^。

 

 ~お金の貯め方3つのポイント~ 

①積立目的を明確に決める
②積立金額を明確に決める
③積立期限を明確に決める

今回はこの中の ②積立金額を明確に決める の中から相続税納税資金についてです!

 

②積立金額を明確に決める

 相続税納税資金   

相続財産 配偶者あり 配偶者なし
(課税価格・基礎控除前) 子ども1人 子ども2人 子ども3人 子ども1人 子ども2人 子ども3人
(万円) 基礎控除額 4,200 4,800 5,400 3,600 4,200 4,800
4,000 0 0 0 40 0 0
6,000 90 60 30 310 180 120
8,000 235 175 138 680 470 330
10,000 385 315 263 1,220 770 630
30,000 3,460 2,860 2,540 9,180 6,920 5,460
50,000 7,605 6,555 5,963 19,000 15,210 12,980
100,000 19,750 17,810 16,635 45,820 39,500 35,000

※被相続人の遺産を法定相続人が法定相続分どおり相続した場合の相続税額を示しています。
※税額は万円未満を四捨五入しています。

 

詳しくは、マネーテレビYouTube動画【マネーTV将来のマネープラン~お金の貯め方3つのポイント~「4大資金はいくら必要?」】 にて、ぜひご覧ください^^

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ

 

 

 

2021年2月25日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

☆スタッフブログ☆YouTube動画【マネーTV】~将来のマネープラン~お金の貯め方3つのポイント「4大資金はいくら必要?」お金の貯め方3つのポイント~ポイント②

 

こんにちは!スタッフのマホです。
お金のプロではない私が、エターナルフィナンシャルグループ㈱に入社してから知ったお金に関する事や、『●●をはじめてみた!』等の内容で、ブログを書かせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします^^

 

今回は、【マネーTV】将来のマネープラン~お金の貯め方3つのポイント~「4大資金はいくら必要?」の中から、お金の貯め方3つのポイントについてです^^。

 

 ~お金の貯め方3つのポイント~ 

①積立目的を明確に決める
②積立金額を明確に決める
③積立期限を明確に決める

今回はこの中の ②積立金額を明確に決める の中から葬儀費用についてです!

 

②積立金額を明確に決める

 葬儀費用   

葬儀費用の合計    平均195.7万円 
葬儀一式費用 平均121.4万円
寺院への費用 平均47.3万円
通夜から飲食接待費 平均30.6万円

(葬儀費用一式:病院からの搬送、安置、飾り付け、会場祭壇設営、会葬御礼、霊柩車、ハイヤー、火葬費用、斎場使用料、寺院への費用:お経料、戒名料、お布施)

お墓代(新たに購入する場合)  平均190万円 

 

お墓を購入する必要がある場合は、最低でも葬儀費用と同じくらい準備しておかないといけないのですね!
それぞれの目的に応じて、積立金額を明確に決めるという作業はとても大事ですね。

詳しくは、マネーテレビYouTube動画【マネーTV将来のマネープラン~お金の貯め方3つのポイント~「4大資金はいくら必要?」】 にて、ぜひご覧ください^^

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ

 

 

 

☆スタッフブログ☆YouTube動画【マネーTV】~将来のマネープラン~お金の貯め方3つのポイント「4大資金はいくら必要?」お金の貯め方3つのポイント~

 

こんにちは!スタッフのマホです。
お金のプロではない私が、エターナルフィナンシャルグループ㈱に入社してから知ったお金に関する事や、『●●をはじめてみた!』等の内容で、ブログを書かせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします^^

 

今回は、【マネーTV】将来のマネープラン~お金の貯め方3つのポイント~「4大資金はいくら必要?」の中から、お金の貯め方3つのポイントについてです^^。

 

 ~お金の貯め方3つのポイント~ 

①積立目的を明確に決める
②積立金額を明確に決める
③積立期限を明確に決める

この①~③の順番で明確に考えていく事で、最終的にそれぞれの目的に合った積立商品を選ぶことができるので、この過程はとても大事だなと思いました。

 

 ①積立目的を明確に決める

~相続・介護~   保険金 

・葬儀費用
・相続税納税資金
・介護用品費
・介護施設入居金

 

~老後生活費~   年金 

・公的年金不足額
・ゆとりある生活費
 

~老後住宅費~   一時金 
・住宅ローン完済資金
・リフォーム資金
・自宅建て替え資金
・住み替え資金

~教育資金~   年金・一時金 

 

 

詳しくは、マネーテレビYouTube動画【マネーTV将来のマネープラン~お金の貯め方3つのポイント~「4大資金はいくら必要?」 にて、ぜひご覧ください^^

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ