☆FP駒崎さんに質問☆【~医療費控除~】

こんにちは!スタッフのマホです。

今回は、医療費控除について教えていただきたいと思います^^。

 

マホ「医療費控除とはどのような制度なのでしょうか

 

駒崎FP「1年間で支払った医療費が10万円を超えた場合、超えた部分の医療費に対して所得控除の対象とする制度です。配偶者や家族など、生計を一にする者の支払い医療費が対象になりますので、必ずしも同居している必要はありません。また、医療保険等で給付を受けた場合は、その分を差引きしますので、差引き後に10万円を超えない場合は医療費控除の対象外となります。

 

マホ「配偶者や家族など、生計を一にする者の支払い医療費が対象で、必ずしも同居している必要はないとなると、10万円を超えるという事はそう珍しい事ではなさそうですね。控除の対象になる医療費はどのようなものがあるのでしょうか?

 

駒崎FP「対象となる医療費は、医師や歯科医師による診察や医薬品など、対象となるものは国税庁のホームページで確認できます。https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1122.htm

 

マホ「対象とならないと思ってしまっているものもあるかもしれないので、一度上記の国税庁のページは見ておいた方が良いですね!

 

 

今回も駒崎FPありがとうございました^^

 

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ

 

 

 

☆FP駒崎さんに質問☆【マネーテレビ~お金の貯め方3つのポイント「4大資金はいくら必要?」~】

こんにちは!スタッフのマホです。

今回は、マネーテレビ2本目のYouTube動画 将来のマネープラン~お金の貯め方3つのポイント~

について教えていただきたいと思います^^。

 

マホ「1本目の動画 お金に苦労しない3つの仕組み作り「ゼロから始めるお金の授業」で、まず使うお金・生活を維持するお金・殖やすお金 が毎月どのくらいなのかを把握することが一番重要と教えて頂きました。それぞれを把握した上で今回の動画を観ることで、それぞれ自分は何のためにどのくらいいつまでに必要かという事が分かるので、本当に参考になりました。

 

駒崎FP「1本目の動画では、お金の管理の仕方、2本目の動画では、お金の資金計画(マネープラン)について情報提供をしました。これらは学校では学べないことですので、もっともっと多くの日本人に向けて啓蒙して、マネーリテラシー(お金の教養)を高めていただきたいと思っています。

 

マホ「 どこも重要だったかとは思うのですが、この動画の中で特に重要なポイントなどはありますでしょうか?

 

駒崎FP「お金を貯めるための“目標金額”を知っていただくところが一番のポイントです!どのくらいお金がかかるのか、現状を知らないとお金の貯める方法も意識も違いますからね。

 

マホ「本当にそうですよね!動画を観ながらしっかり勉強したいと思います(`・ω・´)ゞ

 

 

今回も駒崎FPありがとうございました^^

 

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ

 

 

 

☆FP駒崎さんに質問☆【保険編~外貨建て保険~】

こんにちは!スタッフのマホです。

今回は、外貨建て保険について教えていただきたいと思います^^。

 

マホ「いま外貨建て保険の加入を検討している方は、コロナの影響で為替等のリスクがあるのではないかと不安に思われている方もいらしゃるかと思うのですが、そこのところはどうなのでしょうか?

 

駒崎FP「コロナウイルスの影響で為替レートは大きく変動(円高)しましたが、円安方向と円高方向を多少繰り返しながら、現在は大きな変動ではない状況です。

 

マホ「そうなのですね^^

 

駒崎FP「外貨建保険の保険料を月払いで払う場合は、毎月の為替レートにより円換算の保険料が変動します(外貨保険料は一定額)。そのため、コロナウイルスの影響だけではなく、為替リスク(不確定要素)は、今後も常に付きものになります。保険料を支払うときには、円高に振れていれば円での保険料が安くなります。保険金や解約返戻金を受取るときには、円高に振れていれば円での受取額が安くなります。

 

マホ「そうですよね。。。そこで悩んでしまうのですよね~。

 

駒崎FP「為替レートの変動を予想することができませんので、始めるタイミングは為替レートの要因で決めることではなく、保障がいつ必要かどうかで判断するものだと思います。また、為替リスクが伴わない円建保険の検討も良いと思いますし、解約をしない前提であれば、変額保険も選択肢として良いと思います。

 

マホ「そういう事ですね!保険を始めるタイミングとしては保険がいつ必要かで判断ですね。為替リスクが不安な場合は円建て保険や変額保険も選択肢に入れて考えた方が良いですね。

 

今回も駒崎FPありがとうございました^^

 

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ

 

 

 

☆FP駒崎さんに質問☆【マネーテレビ~お金に苦労しない3つの仕組みづくり~】

 

こんにちは!スタッフのマホです。

今回は、マネーテレビ1本目のYouTube動画 お金に苦労しない3つの仕組み作り「ゼロから始めるお金の授業」について教えていただきたいと思います^^。

 

マホ「YouTubeチャンネル【マネーテレビ】いよいよはじまりましたね!はじめに、YouTubeチャンネル【マネーテレビ】ではどのような方向けの内容となっているのでしょうか?

 

駒崎FP「お金の貯め方・使い方・借り方など、お金との関わり方やマネープランに関心のある方を対象に、お金の教養(マネーリテラシー)を身につけられる内容となっています。

 

マホ「1本目の動画 お金に苦労しない3つの仕組み作り「ゼロから始めるお金の授業」ですが基本中の基本の内容なのかと思うのですが、大変勉強になりました!この動画の中で特に重要なポイントなどはありますでしょうか?

 

駒崎FP「使うお金、生活を維持するお金、殖やすお金が毎月どのくらいなのかを把握することが一番重要です。色分けの仕方は参考ですので、家族構成や住まいの環境によって割合は多少異なります。しかし、この目安でやらなければ、2本目の動画で紹介している積立金額を期限までに達成することは難しいでしょう。

 

マホ「2本目の動画人生に必要な資金計画~お金の貯め方3つのポイント~】昨日公開されましたが、まずは1本目の動画を参考にそれぞれ皆さま自身がどのような割合になっているのか確認してみて頂きたいですね!

 

 

今回も駒崎FPありがとうございました^^

 

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ

 

 

 

☆FP駒崎さんに質問☆【保険編~水災時の車の補償~】

こんにちは。スタッフのマホです。

今回は水災への備えについてお聞きしたいと思います。

マホ「今年も、大雨による大変な豪雨災害が発生しております。。。水災についての備えですが、もしも台風や津波で車が流されてしまった場合、火災保険の補償対象になるのでしょうか?

 

駒崎FP「最近の自然災害は怖いですから確認しておきたいことですね。実は火災保険や地震保険では、車は補償の対象外とされています。そのため、水災に備えるには、自動車保険で準備をします。

 

マホ「火災保険や地震保険では車は補償の対象外なのですね!

 

駒崎FP「自動車の任意保険では、“相手への賠償”、“ケガの補償”、“車の補償”の3つに大きく分類されます。このうち、車の補償は車両保険と言います。車両保険に加入していれば、台風・竜巻・洪水・高潮による車の損害が補償されますので、台風による水害については車両保険で備えることができます。しかし、地震による津波が原因で車が流された場合は、車両保険金は受け取ることができません。

 

マホ「そうなのですね。車両保険に入っていれば、台風・竜巻・洪水・高潮による車の損害が補償されるのですね。では地震による津波が原因で流された場合はあきらめるしかないのでしょうか(>_<)

 

駒崎FP「津波による車の損害に備えるために、弊社取扱いの三井住友海上火災保険では、地震・噴火・津波「車両全損時定額払」特約という補償を準備しています。こちらの特約を付けていれば、津波により車が全損になった場合に50万円を地震等保険金として受け取ることができます。但し、車両保険金額が50万円未満の場合は車両保険金額が上限となります。

 

マホ「津波による車の損害に備えられる保険もあるのですね!

 

 

今回も駒崎FPありがとうございました!

 

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ

 

 

 

【YouTubeマネーテレビ~FP駒崎竜が分かりやすく解説~】

こんにちは!スタッフのマホです。

この度、YouTubeチャンネルマネーテレビを開設いたしました!!!

運営会社エターナルフィナンシャルグループ株式会社は、家計、年金、保険、資産運用、住宅ローンなど、人生の資金計画をアドバイスする会社です。 マネーテレビでは、”お金のことをスッキリさせる”番組として、お金に関して学びたい方や教えたい方向けに、ファイナンシャル・プランナーが有料相談でアドバイスしている内容や有料セミナーの全貌もコチラのチャンネルで配信していきます! このチャンネルでは、金融商品の勧誘を目的とはしていませんので、個別の金融商品名を紹介するような動画コンテンツはございません。(各金融業界の関連法令を遵守します。)

 

YouTubeチャンネル【 マネーテレビ 】

https://www.youtube.com/channel/UCvU66agRTJ1MwG2ZAH5QzOg/featured


今後も、濃ーい内容の動画を追加してまいりますので、ぜひチャンネル登録をお願いいたします。

 

【マネーテレビ】お金に苦労しない3つの仕組み作り「ゼロから始めるお金の授業」

 

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ

 

 

 

☆FP駒崎さんに質問☆【投資編~10万円給付金~】

こんにちは!スタッフのマホです。

今回は、10万円給付金の使いみちについて教えていただきたいと思います^^。

 

マホ「先日、テレビで10万円給付金の使いみちについての特集が組まれていまして、その中で給付金の使い道として生活費や貯金が上位にくる中、5位に投資資金がランクインしており、13%の人が、「投資に使う」と回答したとのことでした。これを機に投資をはじめる場合、どのようにはじめたらよいかアドバイスをお願いします!

 

駒崎FP「投資に使う方々はお金に困っていないのでしょうね。10万円で投資というのは選択肢がかなり限られてしまいますが、個別株式や上場投資信託(ETF)でしたら購入できるものもあります。でも、これを機に投資を始める場合は、あまりお勧めする投資ではありません。

 

マホ「そうなのですね!!!初心者でこれから始める場合、10万円で購入できるものを購入するというのはあまりお勧めできないのですね!

 

駒崎FP「投資初心者は、長期積立投資から始めた方が良いです。株価の変動にも一喜一憂せずにすみますので投資マインドを継続するためにも良いと思います。個別株やETFは購入して直ぐに株価が下落する可能性もありますから、戻すまでにかなりの時間がかかる場合は、途中で損してでも売却する気持ちになってしまうことが考えられます。これを機にが本末転倒ですね。

 

マホ「そういう事になってしまう事が考えられるのですね(;´・ω・) 投資初心者はまず、長期積立投資から始めるのがよいのですね!

 

駒崎FP「はい、そうです。10万円を積立て資金の一部に充当すれば良いと思います。投資はしっかりと勉強してから始めるのがベストですので、初心者は本を読んだり、YouTubeなどの情報を閲覧して勉強をしましょう。ただし、『絶対に儲かる』や『勝率90%』など、ありえない話を鵜呑みにしないようにしましょう。プロの機関投資家でも未来を先読みすることはできません。勝率55%くらいで優秀な成績です。先読みができるなら、株価の上下動の根幹も崩れてしまいます。なぜなら、買う人と売る人がいるから売買が成立し、株価が決まるからです。

 

マホ「大変勉強になりました!甘い言葉には注意ですね(`・ω・´)ゞまず長期積立投資からはじめ、しっかりと勉強をしていきたいと思います!

 

今回も駒崎FPありがとうございました^^

 

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ

 

 

 

☆FP駒崎さんに質問☆【FPの選び方・探し方】

こんにちは!スタッフのマホです。

今回は、自分にあったファイナンシャルプランナー(以下FP)の探し方について教えていただきたいと思います^^。

 

マホ「自分に合ったFPさんを探したいと思ったときに、選び方・探し方のポイントなどはありますでしょうか

 

駒崎FP「まずはどんな相談をしたいかによって選び方が異なります。保険や投資信託等の申込みを前提とした金融商品の相談をしたい場合は、保険代理店や金融商品仲介業を営んでいる会社が相談先になります。相談相手はFP資格者ではなくても大丈夫ですし、相談料は無料となります。

 

マホ「金融商品の相談の場合は、それぞれの代理店等に相談したらよいのですね。ただ、具体的な目的や金額、知識などがある程度ないと、本当に自分に合ってるものをすすめてもらえてるのか判断できなかったりもしそうですね(^_^;)

 

駒崎FP「一方、金融商品の相談がメインではなく、家計管理・教育資金・住宅資金・老後資金・相続対策など、現在や将来に向けての資金計画(ファイナンシャル・プランニング)を見える化したり、人生設計に対する資金計画のアドバイスを希望する場合は、有料相談をしているFP会社(ファイナンシャル・プランナー)に相談することになります。

 

マホ「具体的に金融商品を考える前の段階ですね!これからのお金について何とかしたいと思った時は有料相談をしているFP会社(ファイナンシャル・プランナー)に相談すると良いのですね。

 

駒崎FP「探し方は簡単で、有料相談のFPサービスが掲載されているホームページであれば、資金計画の相談をすることができます。FPサービスが希望の場合は、ホームページでの活動実績も確認した方が良いですね。また、有料相談のFPサービスをしつつ、保険代理店や金融商品仲介業も営んでいるFPさんもいますので、その場合は金融商品の相談もできます。(金融商品は無料相談)

 

マホ「なるほど~!保険代理店や金融商品仲介業も営んでいるFPさんの所だと、有料相談での資金計画等のアドバイスを頂きながら、そのFPさんが取り扱う金融商品の相談申込もできてしまうのですね。保険代理店や金融商品仲介業も営んでいる、信頼・納得できるFPさんと出会えるとお金に関して考えることが苦痛ではなく楽しみにもなりそうですね!

 

今回も駒崎FPありがとうございました^^

次回は、こどもの保険についてお聞きしたいと思います!

 

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ

 

 

 

☆FP駒崎さんに質問☆【相続編】

こんにちは!スタッフのマホです。

今回は、相続について教えていただきたいと思います^^。

 

マホ「相続の時の為に、被相続人はどのような準備をしておいた方が良いのでしょうか?

 

駒崎FP「相続税がどのくらいかかるのかを税理士(相続に詳しい)にシミュレーションしてもらい、相続税の節税対策を早めに始めることが大切です。また、どのように相続財産を分けるかも重要です。遺産分割対策も並行して行い、争続にならないように事前対策をすることが、一族を3世代以上繁栄させるポイントになります。

 

マホ「節税対策と遺産分割対策を並行して行っていく必要があるのですね!

 

駒崎FP「不動産を多く所有している場合は、不動産が共有状態になってもめないように、遺産分割対策が大切です。その対策には、遺言と生命保険の活用が有効的です。

 

マホ「確かにそうですね!不動産の共有状態はもめそうでしかありませんね。。。遺言と生命保険ですか!生命保険で対策ができるのですね。

 

駒崎FP「一般的な生命保険の加入では、万が一の保障や入院保障について必要保障額を算出し、無駄のないように適切な保障額での加入をして頂きますね。個人の相続対策にあたっても、相続税の非課税額、相続税納税資金額、遺産分割の調整をするための代償交付金額など、必要な資金額をシミュレーションして、生命保険を柔軟に活用することができます。

 

マホ「遺産分割の調整のため代償交付金を生命保険で準備しておけるとは考えてもみませんでした。相続こそ、早めに専門家に相談してより良い対策を取っておきたいですね。

 

今回も駒崎FPありがとうございました^^

次回は、自分あったFPの探し方についてお聞きしたいと思います!

 

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ

 

 

 

☆FP駒崎さんに質問☆【保険編~コロナになってしまったら~】

こんにちは!スタッフのマホです。

今回は、保険加入について教えていただきたいと思います^^。

 

マホ「最近またコロナ感染者数が増えてきておりますが、もしもコロナになってしまった後の保険加入は難しいのでしょうか?

 

駒崎FP「新型コロナウイルス感染症になった場合、加入できるかどうかは各生命保険会社で慎重にならざるを得ない状況です。病気の種類や治療内容によって、各社の診査基準がありますが、新たな病気はその基準がないですからね。

 

マホ「そうですよね~(^_^;)まだ薬もないような状況ですからね。

 

駒崎FP「コロナ感染の影響で肺炎になってしまった場合は、完治後1年以内での加入は、部位不担保という条件(肺の保障無し)が付く可能性が高いでしょう。

 

マホ「なるほど。。。加入できたとしても病気になってしまった部位は保障外の可能性が高いのですね。

 

駒崎FP「条件なしの契約を希望の場合、引受基準緩和型や告知限定型タイプの医療保険が対象かどうかになりますが、入院をしている場合は告知に該当しますので、加入が難しいでしょう。もし、加入できた場合は、保険料が割増のタイプになります。

 

マホ「そうですか。。。やはり病気になり、入院をしてしまってからでは加入そのものが難しかったり、加入できたとしても金額が上がってしまったりするので、保険が必要と感じている場合は健康なうちに早く入っておいた方が良いですね!

 

 

今回も駒崎FPありがとうございました^^

次回は、相続についてお聞きしたいと思います!

 

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ