☆スタッフブログ☆YouTube動画【マネーTV】~“外貨運用(預金・保険・投資信託)”の仕組みを初心者でも分かりやすい“超入門”編で解説!積立商品一括比較!~

 

こんにちは!スタッフのマホです。
お金のプロではない私が、エターナルフィナンシャルグループ㈱に入社してから知ったお金に関する事や、『●●をはじめてみた!』等の内容で、ブログを書かせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします^^

 

今回は YouTube動画 【マネーTV】~“外貨運用(預金・保険・投資信託)”の仕組みを初心者でも分かりやすい“超入門”編で解説!貯蓄性も一括比較!~の、内容についてです!

 

 積立て商品(外貨運用)の一括比較 

 

積立商品名 外貨貯蓄預金 外貨建MMF
(公社債投資信託)
外貨建
個人年金保険
投資信託
(世界債券型)
取扱金融機 銀行・信金 証券会社 生命保険会社 証券会社
金利・利率・利回り 年利0.1%程度
(単利)
年率換算利回り
0.1%程度(複利)
積立利率
1.5%~
年率換算利回り
1.5%~4.5%(複利)
為替手数料 0~0.50円 0.25円 0.25~0.50円
元本保証 あり
外貨ベース
なし あり
外貨ベース
なし
リスクランク
1~5
1 1
税金 源泉分離課税 源泉分離課税 雑所得
一時所得
源泉分離課税
セーフティネット 預金保険制度
対象外
投資者保護基金
対象
生命保険契約者保護機構
対象
投資者保護基金
対象

 

金利/利回り・為替手数料・税金・リスクランク・元本保証の有無・セーフティネット対象かどうかについて一括比較できるのでぜひご参考になさってください!

 

 外貨建個人年金保険 VS 投資信託 

 

  外貨建個人年金保険 

35歳 男性 保険料払込期間 65 歳
積立利率年 1.5 %(全期間)
保険料払込時:1 米ドル= 105.20 円
一時金受取時: 1 米ドル= 105.20 円
※為替レートは保険会社所定のレート

 

年金保険の保険料
月払保険料:10,000 円
95.05USD 購入
30年後の 積立金
USDベース
38,057.77USD
111.21%)
年金保険の
65歳時の累計保険料
3,600,000円
34,221.60USD 購入
 

 

30年後の 積立金
円ベース
(1 米$ 105.20 円)

 4,003,677 円 
(約111.21%

 

  投資信託 

世界債券型30 年間運用
年換算利回り年 2.0 %(例)
月々1 万円の積立投資
複利運用
30年後の 積立金円ベース
 4,927,254 円 
(約136.87%)

 

・投資信託の方が資産形成効果は高い
      しかし
・外貨建個人年金保険は、積立利率に最低保証がある
・支払保険料が個人年金保険料控除の対象となり、節税をすることも可能

 

今回も最後までお読みいただき誠にありがとうございました!

動画では、さらに詳しく解説してますのでぜひ動画にてご確認ください^^

 

 

 

 

 

 

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ

 

 

 

☆スタッフブログ☆YouTube動画【マネーTV】~“外貨運用(預金・保険・投資信託)”の仕組みを初心者でも分かりやすい“超入門”編で解説!貯蓄性も一括比較!~

 

こんにちは!スタッフのマホです。
お金のプロではない私が、エターナルフィナンシャルグループ㈱に入社してから知ったお金に関する事や、『●●をはじめてみた!』等の内容で、ブログを書かせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします^^

 

今回は YouTube動画 【マネーTV】~“外貨運用(預金・保険・投資信託)”の仕組みを初心者でも分かりやすい“超入門”編で解説!貯蓄性も一括比較!~の、内容についてです!

 

 外貨運用(積立て)が必要な方 

 

① 老後の資金が心配  

   ↓

  長期で積立投資   

 

② 物価の上昇が心配   

   

   通貨を分散    

 

③ 金利が低いと思う    

   

  日本より高い金利 

 

 

ただし、外貨運用にも下記のようなリスクがあります。

 外国為替リスク 

毎月の積立時とドルを円に替える時に円高円安のリスクがある 

 

円高 米ドルに対する円の価値が上がったとき
100米ドルの外貨を、
毎月円で購入したとき
  1米ドル=70円の月
 7,000円
1米ドル=100円の月 円安 米ドルに対する円の価値が下がったとき
10,000円   1米ドル=130円の月
 13,000円

 

円高 円に対する米ドルの価値が下がったとき
10,000米ドルの外貨を、
売却して円で受け取ったとき
  1米ドル=70円
 700,000円
1米ドル=100円 円安 円に対する米ドルの価値が上がったとき
1,000,000円   1米ドル=130円
 1,300,000円

 

 

そんな為替リスクを軽減する方法として【ドルコスト平均法】があります。

 ドルコスト平均法 

 毎月一定の円でドルを購入することにより、平均為替レートを低くすることができる! 

 

1米ドル 120円 80円 110円 90円 合計 平均為替レート
毎月10,000円購入 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 40,000円 97.48円
83.33米ドル 125米ドル 90.91米ドル 111.11米ドル 410.35米ドル
毎月100米ドル購入 12,000円 8,000円 11,000円 9,000円 40,000円 100円
100米ドル 100米ドル 100米ドル 100米ドル 400米ドル

※但し、ドルコスト平均法で買える商品と買えない商品があり、毎月の保険料がドルで決まっている場合はドルコスト平均法の効果は得られません。

 

今回も最後までお読みいただき誠にありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ

 

 

 

☆スタッフブログ☆YouTube動画【マネーTV】初心者でも分かりやすい“超入門”!アクティブVSインデックスの勝者は?

 

こんにちは!スタッフのマホです。
お金のプロではない私が、エターナルフィナンシャルグループ㈱に入社してから知ったお金に関する事や、『●●をはじめてみた!』等の内容で、ブログを書かせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします^^

 

今回は YouTube動画 【マネーTV】投資信託 とは?初心者でも分かりやすい“超入門”知識やメリット&デメリットを解説!アクティブVSインデックスの勝者は? の、内容についてです!

 

投資に関する基準となる指標

 日経平均株価 
東京証券取引所第一部に上場されている銘柄のうち、代表的な225銘柄の株価を平均したもの
★株価の高い値がさ株の影響を受けやすい指標

 東証株価指数 
(TOPIX)東京証券取引所第一部に上場されている全銘柄(約2,100)の時価総額を指数化したもの
(S43年1月4日の時価総額を100としている)
★時価総額の大きい銘柄の影響を受けやすい指標
基準となる指標

 S&P500 
主要上場市場が米国の取引所(ニューヨーク証券取引所、NSDAQ等)の米国企業で、流動性がある大型株から選ばれた500銘柄で構成され、時価総額を指数化したもの
★時価総額の大きい銘柄の影響を受けやすい指標

 MSCIコクサイ・インデックス 
日本を除く先進国24カ国の上場企業で構成されており、日本以外の先進国に分散投資できる株価指数。
アメリカ・ドイツ・イギリス等が入っており、先進国の85%をカバーしている。(約1,300銘柄)

 

 

投資信託の運用スタイル~アクティブ運用とインデックス運用~

 

 

アクティブ運用

 

 

パッシブ運用(インデックス運用)

 

運用の目標 基準となる指標を上回る結果を目指す  基準となる指標と同じ動きを目指す
運用の結果  基準となる指標を上回るときも下回るときもある  基準となる指標とほとんど同じ
リスク     インデックス運用に比べて大きい    アクティブ運用に比べて小さい
コスト インデックス運用に比べて高い アクティブ運用に比べて安い
特徴      基準となる指標が下がっても、運用次第では指標を上回る成果も期待できる 基準となる指標が下がれば、運用成果も下がる

 

 

積立で投資信託を始める方法~口座別比較~  

 

一般口座 特定口座 一般NISA ジュニアNISA つみたてNISA iDeCo DC
(企業型)
税金 確定申告が必要 源泉徴収可能 非課税

非課税

所得控除の対象

投資商品 豊富な投資商品あり 投資商品は限定的
分散投資 十分な分散投資が可能 現実的に困難 ある程度の分散投資が可能
情報提供 IFAや対面証券であれば可能 現実的に困難 継続投資教育によ
り可能

 

今回も最後までお読みいただき誠にありがとうございました!

 

 

 

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ

 

 

 

☆スタッフブログ☆YouTube動画【マネーTV】】~投資信託とは?メリットは?~

 

こんにちは!スタッフのマホです。
お金のプロではない私が、エターナルフィナンシャルグループ㈱に入社してから知ったお金に関する事や、『●●をはじめてみた!』等の内容で、ブログを書かせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします^^

 

今回は YouTube動画 【マネーTV】投資信託 とは?初心者でも分かりやすい“超入門”知識やメリット&デメリットを解説!アクティブVSインデックスの勝者は? の、内容についてです!

 

 投資信託とは 】 

多くの投資家から集めた資金を「ファンド(基金)」として1つの大きなお金にまとめ、投資の専門家である運用会社が複数の株式や債券やREIT(不動産)に幅広く投資し、その投資成果を投資家に分配する金融商品です。

 

 投資信託のメリット 】 

1.少ない金額で投資が可能!
~月々1・2万円からでも投資ができます。~

2.さまざまな投資対象に投資することが可能!
~国内外の株式や債券や不動産に簡単に投資できます。~

3.分散投資によりリスクの低減が可能!
~複数の株式や債券などの銘柄に資金を分散して投資できます。~

4.投資の専門家が運用!
~経験豊富なプロが高度な分析・情報収集を行い運用できます~

 

 投資信託での収益 】 

キャピタルゲイン(値上がり益)
購入価格より高い価格で解約をすれば、その差額が利益となります。これをキャピタルゲインといいます。

インカムゲイン(分配金収入)
投資信託は、配当・利子収入を原資として、収益分配金を出す場合があります。これをインカム・ゲイン(分配金収入)といいます。

 

 投資信託の注意点 】 

◎コストがかかる
 運用のプロに任せて「投資」を行うため、運用会社に対して費用を払う必要があります。
費用には、「購入手数料」「信託報酬」「信託財産留保額」などがあり
ます。

◎元本保証がない
 運用実績が上がらない場合、購入額よりも売却額が下回る可能性があります。

 

 

今回も最後までお読みいただき誠にありがとうございました!

 

 

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ

 

 

 

☆スタッフブログ☆YouTube動画【マネーTV】】~投資信託とは?初心者でも分かりやすい”超入門”知識やメリット&デメリットを解説!アクティブVSインデックスの勝者は?~

 

こんにちは!スタッフのマホです。
お金のプロではない私が、エターナルフィナンシャルグループ㈱に入社してから知ったお金に関する事や、『●●をはじめてみた!』等の内容で、ブログを書かせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします^^

 

今回は YouTube動画 【マネーTV】投資信託 とは?初心者でも分かりやすい“超入門”知識やメリット&デメリットを解説!アクティブVSインデックスの勝者は? の、内容にいてです!

 

① 投資信託とは 0:57
投資信託とはそもそもどのようなものなのか?についてです

② 投資信託のメリット 2:25
投資信託のメリットについてです。

③ 投資信託での収益・注意点 3:55
投資信託での収益についてと注意点をまとめています。

④投資に関する基準となる指標  5:58
投資に関する基準となる指標は何なのか?についてです。初心者でも聞いたことはある名前もありますが、それぞれについて分かりやすくまとめています。

⑤投資信託の運用スタイル~アクティブ運用とインデックス運用~ 8:53
投資信託の運用スタイルについてです。よく耳にするアクティブ運用とインデックス運用について、特徴・リスク・コストなどについて表で分かりやすくまとめています。

⑥積立で投資信託を始める方法~口座別比較~ 14:24
口座別で税金面・投資商品の選択数・分散投資ができるかなど、一覧比較表ですぐに確認していただけるようにまとめています。

 

今回も最後までお読みいただき誠にありがとうございました!

 

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ

 

 

 

☆スタッフブログ☆YouTube動画【マネーTV】】~投資信託の積立てならあえて一般NISAで!~新NISA・ロールオーバー~

こんにちは!スタッフのマホです。
お金のプロではない私が、エターナルフィナンシャルグループ㈱に入社してから知ったお金に関する事や、『●●をはじめてみた!』等の内容で、ブログを書かせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします^^

 

今回も一般NISAについてのYouTube動画 【マネーTV】投資信託の積立てならあえて一般NISAで!資産運用メリットも税金メリットも!新NISAもわかりやすく解説! についてです!

2階建て制度が難しくて分かりづらいと言われている新NISAについて、ロールオーバーした場合などについても、動画で分かりやすく解説していますので、ぜひ皆様もをご覧くださいませ^^

6:30 一般NISA~2024年からの新NISAについて

 

 

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ

 

 

 

☆スタッフブログ☆YouTube動画【マネーTV】】~投資信託の積立てならあえて一般NISAで!資産運用メリットも税金メリットも!新NISAもわかりやすく解説~

 

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
昨年はコロナウイルスで今までとは違う日常の年でした。
一日も早いコロナウイルスの終息を願っています。

今年も、お金のプロではない私が、エターナルフィナンシャルグループ㈱に入社してから知ったお金に関する事や、『●●をはじめてみた!』等の内容で、ブログを書かせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします^^

 

今回は、昨年末に再生回数が急に一気に伸びた一般NISAについてのYouTube動画 【マネーTV】投資信託の積立てならあえて一般NISAで!資産運用メリットも税金メリットも!新NISAもわかりやすく解説! についてです!

今までは、《つみたてNISA》《一般NISA》というくらいなので《一般NISA》は一括投資のみなのだと勝手に思い込んでおり、「初心者が最初に始めるのには《つみたてNISA》からが良いのだろうな~」となぜかそんな風に思っていました(^_^;)

しかし!話しを聞けば聞くほど、どうせ始めるのであれば豊富な投資信託から選ぶことの出来る、《一般NISA》でつみたて投資というのが良いのでは?と思う様になりました!

分かりやすく解説していますので、ぜひ皆様も動画をご覧くださいませ^^

 

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ

 

 

 

☆スタッフブログ☆

 

【年末年始の営業日について】

 

2020年12月23日(水)~2021年1月3日(日)まで年末年始のお休みを頂きます。
年末最終営業日時:2020年12月22日(火)16:00まで
年始営業開始日時:2021年1月4日(月)10:00より

 

何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

メリークリスマス!
スタッフのマホです。本日はクリスマスですね^^。

皆さまはどの様にお過ごしでしょうか。

今年の2月から、お金のプロではない私が、エターナルフィナンシャルグループ㈱に入社してから知ったお金に関する事や、『●●をはじめてみた!』等の内容で、ブログを書かせていただいてきましたが、今回は今年最後のブログとなります^^

ブログを書くのも初めて、お金に関することも何も知らない私なので本当にまだまだなのですが、来年は少しでも皆様の疑問解決や新しい発見につながるようなブログが書けるように、勉強し続けます(`・ω・´)ゞ

今年は新しいことに色々挑戦させていただきました!
YouTubeチャンネル《マネーTV》も開始しましたね~。
ご覧いただいた方々、本当にありがとうございます!!まだの方は是非是非ご覧くださいませ(笑)!

今年はコロナ禍で、今まで通りの年末年始の様にはいかず残念ではございますが、皆様よいお年をお迎えくださいませ。

年明けは、1月4日(月)から営業を開始いたします!ブログも4日から再開いたしますので、来年も何卒宜しくお願い致します。

本年は誠にありがとうございました!!!

 

 

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ

 

 

☆スタッフブログ☆

 

 

【年末年始の営業日について】

 

2020年12月23日(水)~2021年1月3日(日)まで年末年始のお休みを頂きます。
年末最終営業日時:2020年12月22日(火)16:00まで
年始営業開始日時:2021年1月4日(月)10:00より

 

何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 


こんにちは。スタッフのマホです。

お金のプロではない私が、エターナルフィナンシャルグループ㈱に入社してから知ったお金に関する事や、『●●をはじめてみた!』等の内容で、ブログを書かせていただいています^^

 

今年もあとほぼ一週間となりました!年末年始皆さまどのように過ごされるのでしょうか。今年は帰省や旅行といったことがあまりできない状況ですね。私はおとなしく家近くでゆっくり過ごす予定です^^。初詣もずらしていこうかと思います。

 

今年はコロナ禍で、お金について考える機会が大変多くあったように思います。そんな中、投資信託や保険などについて正しく勉強でき、とてもうれしく思います。保険も早い段階で見直しができ、緊急事態宣言中も保険の心配はすることなく過ごすことができました。

 

保険でも、投資信託でも、自分のお金に関することの見直し等を考えた時には、トータルで案内をしてくれるプロのFPさんというのが、なくてはならない存在だなと思いました。若いうちからFPさんが身近な存在であれば、余裕をもって将来への準備ができますし、本当にどの年代にも必要だなと実感しました。

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございました^^。

 

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ

 

 

☆スタッフブログ☆YouTube動画【マネーTV】~外貨運用(預金・保険・投資信託)”の仕組みを初心者でも分かりやすい“超入門”編で解説! ~

 

 

こんにちは!スタッフのマホです。

お金のプロではない私が、エターナルフィナンシャルグループ㈱に入社してから知ったお金に関する事や、『●●をはじめてみた!』等の内容で、ブログを書かせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします^^

今回は、YouTube動画 【マネーTV】“外貨運用(預金・保険・投資信託)”の仕組みを初心者でも分かりやすい“超入門”編で解説!貯蓄性も一括比較!   の中から生命保険料控除についてです!

 

 「個人年金保険料控除」を受けた場合の税金の軽減額の例で見てみると、毎年数千円の節税とは言え、30年続けると、なかなか大きなメリットになります!

(詳しい数字は、動画内の表にて分かりやすく解説しておりますので、是非ご覧くださいませ^^)

色々比較してみてきましたが、数字上トータルで見た時に、外貨建ての個人年金投資信託が良いように思いました

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

0:00オープニング   0:23今日のテーマ  1:25外貨運用(積立)が必要な方    2:30外国為替リスク   5:45ドルコスト平均法    9:14 積立て賞金(外貨運用)の一括比較    14:07 外貨運用の積立金    16:32 外貨建個人年金保険 VS 投資信託    20:35 生命保険料控除    22:13 エンディング

 

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ