☆スタッフブログ☆~マイナポイントその2~

 

んにちは!スタッフのマホです。

お金のプロではない私が、エターナルフィナンシャルグループ㈱に入社してから知ったお金に関する事や、『●●をはじめてみた!』等の内容で、ブログを書かせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします^^

 

 

今回も、明日1日から開始される《マイナポイント》についてです!

前回のブログにて《マイナポイント》について簡単にまとめてみたのですが、8月25日時点で申し込みが約330万人にとどまっているとの記事を本日読み、予約・申込の手続きがスムーズにはできずに、途中であきらめてしまう場合が多いのか?と思い少し調べてみたところ・・・!なるほど・・・条件をクリアして申込みの手続きを完了となると、この位の数字にもなるのかな・・・という印象でした。マイナポイントサイトのQ&Aから気になったものをいくつかご紹介させていただきます!

 

Q1:自分のスマートフォンからも予約・申込が可能か。

A:スマートフォンの場合、マイナポイントアプリ対応スマートフォン必要です。

なお、非対応スマートフォンの場合でも、マイナポイント手続スポットで予約・申込が可能です。

※ただし、楽天pay・楽天カードについては、決済サービスアプリからのみ申込が可能です(マイナポイント手続スポットでは申込ができません)また、一部の決済サービスは、コンビニのコピー機から申込ができません。詳しくはマイナポイント手続スポット検索のページでご確認ください

マイナポイントアプリ対応スマートフォン一覧
https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/nfclist/

マイナポイント手続スポット
https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/reserve_search/

マイナポイントアプリ対応スマートフォンがまず必要・・・!!!さっそく私のスマホはマイナポイントアプリ未対応Σ(゚д゚lll)・・・古いから仕方ないのかなぁ・・・ただ、周りにもマイナポイントアプリ未対応機種を使っている人が何人かはいるので、同じようにここで一回止まってしまう方もある程度はいるだろうなと思いました。

 

Q2:子どものマイナポイントの予約・申込はどうすれば良いか。

A:15歳未満の未成年者の方の予約・申込については、法定代理人が行うことができます。
15歳以上の未成年者の方の予約・申込については、やむを得ない場合には、本人に代わり法定代理人が手続を行うことができますが、特段の理由がなければ本人にて手続を行ってください。やむを得ず法定代理人が手続を行う場合も、原則として本人同席のもと手続を行ってください。

 

Q3:子どものマイナポイントは誰の決済サービスで申し込めば良いか。
A: 規約上、本人名義のキャッシュレス決済サービスへのマイナポイント付与を本人が申し込む必要がありますが、未成年者のマイナポイントについては、法定代理人名義のキャッシュレス決済サービスをポイント付与対象として申込みすることができます。ただし、この場合、同じキャッシュレス決済サービスに複数人のマイナポイントを合算して付与することはできないため、法定代理人名義の異なるキャッシュレス決済サービスを選択する必要があります。

これも、なかなか難しそうですね。。すでにご自身でいくつかの決済サービスを利用していたり、ある程度詳しい方の場合はスムーズに進められるかもしれませんが、もしもマイナンバーカードの取得の手続きからとなると、結構な時間等を要するので申し込み完了までの道のりは長いですね。。。

 

それぞれの世代や環境に合った手続き完了までの分かりやすい情報がみんなに届くようにならないと、なかなか申し込みは増えないのではないのかなと思いました。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ

 

 

 

☆スタッフブログ☆~マイナポイント~

 

んにちは!スタッフのマホです。

お金のプロではない私が、エターナルフィナンシャルグループ㈱に入社してから知ったお金に関する事や、『●●をはじめてみた!』等の内容で、ブログを書かせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします^^

 

今回は、CM等でも最近よく耳にする《マイナポイント》についてです!

マイナポイントとは?

マイナンバーカードを使って予約・申込を行い、
選んだキャッシュレス決済サービス(※1)でチャージやお買い物をすると、
そのサービスで、ご利用金額の25%分のポイントがもらえるのが
「マイナポイント」のしくみです。(お一人あたり5,000円分が上限です)

(※1)QRコード決済(○○Pay)や電子マネー(交通系のICカードなど)、クレジットカードなどのことです。
とのことなのですが・・・少しわかりづらかったので、下記にまとめてみました!

 

 

step1まずは、マイナンバーカードの取得が必要なので持ってない方はまず申請が必要です。

step2:予約・申込の前にキャッシュレス決済サービスを1つ』選ぶ。
※申込み後に別のキャッシュレス決済サービスに変更することはできませんので、一番利用するであろう、対象のキャッシュレス決済サービスをお選びください(`・ω・´)ゞ

ブラスの特典等にそれぞれ違いがございますので、よくご利用される決済サービス同士で見比べてみたり、まだ利用していないけれど、今後利用できそうでお得な条件の決済サービスを見つけたときは、これを機に利用を始めるのも良いなと思いました。

step3:マイナンバーカードが届いたら、パソコン・スマホ又は、お近くの市区町村や郵便局、コンビニなどに設置されたマイナポイント手続スポットにて、予約・申込をする。

step4:選んだ決済サービスでのチャージ又はお買い物で、ご利用額の25%分のポイントがもらえる!

(※お一人当たり上限5000円分まで)

 

《期間》
2020年9⽉1⽇から2021年3⽉31⽇までのチャージ⼜はお買い物が付与の対象です。8⽉末までのチャージ⼜はお買い物については、マイナポイントは付与されません。
※2020年9月1日以降のチャージ又はお買い物でも、申込前の分にマイナポイントは付与されません。


「マイナポイントの予約者数が予算の上限に達した場合には、マイナポイントの予約を締め切る可能性があります。」
と表示があるので、すでにマイナンバーカードを持っていて、キャッシュレス決済サービスも利用されている方は早めに予約・申込をすると良いのかなと思いました^^

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ

 

 

 

☆スタッフブログ☆~ポイント運用とポイント投資~

 

こんにちは!スタッフのマホです。

お金のプロではない私が、エターナルフィナンシャルグループ㈱に入社してから知ったお金に関する事や、『●●をはじめてみた!』等の内容で、ブログを書かせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします^^

 

今回は【ポイント投資・運用】についてです。
テレビのCMやネット広告でなんとなく目にしたり耳にしたことはあったのですが、詳しくは調べたこともなかったのですが、投資未経験の知り合いが「●●ポイントで投資できるみたいだから、はじめてみようかな~」と話していたので、どのようなもうなのだろうと少し調べてみました。

調べるまでは混同してしまっていたのですが
ポイント運用ポイント投資があることを知りました。

『口座開設不要!』というのを聞いたことがあったように記憶していたのですが、ポイント投資で検索してみると口座開設が必要なものばかり出てきて、???と思いよくよく調べてみたら、

口座開設不要なのはポイント運用 口座開設必要なのはポイント投資 と呼ばれるもので別のものでした。ポイント投資検索で口座開設不要のものがすぐに出てこないはずです(^_^;) チラッと見ただけだったので(言い訳)運用も投資も同じと認識してしまっていたようです(ー_ー)!!

 

《ポイント運用疑似運用型ともいわれる》

・ポイント運用は、現金化しないで「ポイントのまま」で投資の疑似体験ができる。
・実際の投資信託や株式の値動きに連動して、ポイントが増減する仕組みです。
・証券口座開設不要
・運用中のポイントは基本的に、いつでも好きなときに引き出して使える点も魅力です

《ポイント投資現金投資型ともいわれる》

・ポイント投資はポイントを「現金化」し、実際の株式や投資信託の買い付け代金として利用し投資そのものが体験できる。
・投資を始めるにあたり、証券口座を新たに開設する必要。
・購入できる金融商品の種類は、実際の投資とほぼ同じ。

 

このような違いがあることが分かり、どのぐらい増えるかなどは別として、特に使いみちの決まってないポイントがあって、投資初心者で投資がどんなものか試してみたいという場合には、ポイント運用は手軽で良いのかなと思いました。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ

 

 

 

☆スタッフブログ☆~iDeCo資料請求~

 

こんにちは!スタッフのマホです。

お金のプロではない私が、エターナルフィナンシャルグループ㈱に入社してから知ったお金に関する事や、『●●をはじめてみた!』等の内容で、ブログを書かせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします^^

 

今回は、いよいよiDeCoをはじめてみようと思い、まずは資料請求からしてみる事にしました!

iDeCoの節税効果についての、下記YouTube動画をみて頂き、iDeCoに興味を持ち、資料請求をしてみたい思った方はぜひこちらからどうぞ^^→SBI証券 iDeCo 資料請求ページ

 

 

 

私も上記のSBIの資料請求ページから申し込みをしました(^_^)

【まずは資料請から お気軽にお申込みください】の所をクリックすると、

STEP1:お客様情報の入力 STEP2:必要書類の確認 STEP3:入力内容のご確認 STEP4申込完了といった流れで、簡単に資料請求できました!

 

唯一、STEP2:必要書類の確認 のところでは希望プランの選択があり、詳しくみてもよくわからないので少しだけ戸惑いました。

①【 セレクトプラン 】
2018年11月に導入のプランです。
「低コスト」と「多様性」にこだわって選定した商品ラインアップをご提供いたします。

②【 オリジナルプラン 】
2005年のiDeCo(個人型確定拠出年金)サービス開始当時から提供のプランです。

マーケットや時流に合った商品を拡充してまいりましたが、2018年5月に施行された確定拠出年金法等の一部を改正する法律に基づく商品数の上限を満たすよう、運用商品の見直しを行いました。コストや運用実績などを総合的に鑑み選定した35商品をラインアップとしてご提供いたします。

となっており、どちらかを選ばなくてはいけなかったのですが、自分一人では全く判断ができなかったので、駒崎FPにお聞きしたところ、①【セレクトプラン】は優秀な商品があるそうなので【セレクトプラン】を選択しました(`・ω・´)ゞ

請求した資料は、おおよそ1週間ほどで到着するとのことなので到着を待つことにします!

 

★受付完了のメールが登録したメールアドレスに届くのは、営業日の午後6時35分頃とのことで、申込日時によっては、受付メールが届くまで時間がかかってしまうようです。(毎営業日午後6時30分までに受付した資料請求について、同日午後6時35分頃にメールを配信との事でした)

 

資料が到着しましたら、またこちらでご報告させていただきたいと思います!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ

 

 

 

☆スタッフブログ☆~投資信託・ファンド選択~

 

こんにちは!スタッフのマホです。

お金のプロではない私が、エターナルフィナンシャルグループ㈱に入社してから知ったお金に関する事や、『●●をはじめてみた!』等の内容で、ブログを書かせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします^^

 

今回は、【マネーTV】老後2,000万円問題!投資信託は2つの数値をチェック!自分流投資スタイルを診断し、つみたて投資を「5ステップ」で始めるの中から特に勉強になった【STEP5~ファンド選択(2つの数値)~】 の部分についてです^^。
※ 詳しい内容はマネーテレビYouTube動画マネーTV】老後2,000万円問題!投資信託は2つの数値をチェック!自分流投資スタイルを診断し、つみたて投資を「5ステップ」で始めるをご覧ください^^※

 

STEP5~ファンド選択(2つの数値)~

《資産クラスごとで、パフォーマンスの良いファンドを選ぶ》

・運用コストの低さだけでは選ばない

・年率リターン(3年・5年・10年・・・)の高いファンドを選ぶ

・シャープ・レシオ(3年・5年・10年・・・)の高いファンドを選ぶ

☆年率リターン・シャープ・レシオの数値を分析して、総合的に数値の高いファンドを選択することがポイント!

 

初心者の私自身も、初心者向けのブログやYouTubeをいくつかみている中で、多くの方が『運用コストの低いものを選ぶと良い』とおっしゃっていたので、『なるほど!』と思い、まずそこを重要視するものだと思ってしまっていたので、今回の動画で、運用コストの低さだけでは選ばないという事についてしっかり理解できたように思います。
「コストが安くて結果を出さないより、コストは高くてもそれ以上に結果を出すファンドが優秀!」
この言葉に納得です!
特に、サッカーのメッシ選手での例えがとても分かりやすかったです(^・^)

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ

 

 

 

☆スタッフブログ☆~つみたて投資3つの“攻略法”~

 

こんにちは!スタッフのマホです。

お金のプロではない私が、エターナルフィナンシャルグループ㈱に入社してから知ったお金に関する事や、『●●をはじめてみた!』等の内容で、ブログを書かせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします^^

 

今回は、【マネーTV】つみたて投資3つの“攻略法”コロナ禍相場で投信積立の売却検証!
についてです^^。
※ マネーTV】つみたて投資3つの“攻略法”コロナ禍相場で投信積立の売却検証!についての詳しい内容はマネーテレビYouTube動画マネーTV】つみたて投資3つの“攻略法”コロナ禍相場で投信積立の売却検証!をご覧ください^^※

 

今回の3つの攻略法
①長期投資 ②資産分散(投資先を分散) ③時間分散(投資タイミングを分散)
それぞれは聞いたこともあったり、なんとなくその時はわかったような気になっていたりしたのですが、この3つのポイントをしっかりおさえておくと、今回のコロナ禍のように今後株価が暴落した時に慌てることなく続けることができるとしっかり理解できました!

投資未経験者としては、リスクやリターンの事を考えると始めるのに不安や迷いがあったのですが今回の3つの攻略方を学び、その部分がクリアになり一刻も早くはじめたいなと思っています(^_^)/

YouTube動画では、それぞれ、表で確認することもできますので、みなさまもよろしければご覧くださいませ。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

【 動画目次  オープニング  今日のテーマ  ①長期投資:投資の成果は長期で期待 コロナ禍相場での売却検証(海外株式長期投資)  コロナ禍相場での売却検証(国内債券長期投資)  ② 資産分散:投資先を分散 ③時間分散:投資タイミングを分散   ドルコスト平均法の成績比較   ドルコスト平均法の比較結果   まとめ 

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ

 

 

 

☆スタッフブログ☆~ねんきんネット利用登録~

 

こんにちは!スタッフのマホです。

お金のプロではない私が、エターナルフィナンシャルグループ㈱に入社してから知ったお金に関する事や、『●●をはじめてみた!』等の内容で、ブログを書かせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします^^

 

今回は、スマートフォンやパソコンで自身の年金記録の確認等ができるねんきんネットについてです^^。

「ねんきんネット」で出来ること

  • 自身の年金記録の確認
  • 将来の年金見込額の確認
  • 電子版「ねんきん定期便」の閲覧
  • 日本年金機構から郵送された各種通知書の確認・・・などなど

 

利用対象者は基礎年金番号をお持ちの方
(昭和61年4月以前に年金受給権が発生した老齢年金受給者の方はご利用いただけません。)

利用には「ねんきんネット」への登録が必要
「ねんきんネット」に登録するには?
 「ねんきんネット」を利用するには、利用登録(ユーザーIDの取得)またはマイナポータルからの連携が必要。

との事でしたので、年金記録の確認や将来の年金見込額等を確認したいと思い、登録をしてみようと思いました(`・ω・´)ゞ

 

 

【  利用登録(ユーザーIDの取得)の為に必要なもの  】

・基礎年金番号 

・メールアドレス

・アクセスキー(アクセスキーなしでもOK)

【アクセスキーありの場合】
登録したメールアドレスにユーザID確認用URLがお送られてきます。

【アクセスキーなしの場合】
申し込み後5営業日程度で、日本年金機構からユーザIDをお知らせするハガキが郵送されてきます

アクセスキーとは?
アクセスキーとは「ねんきんネット」のユーザIDを取得する際に使用する17桁の番号で、この番号を使用してお申し込みをいただくことで、即時にユーザIDを取得できます。

アクセスキーは、毎年誕生月に送付する「ねんきん定期便」内に記載されています。
アクセスキーの有効期限は、「ねんきん定期便」の到着後3ヶ月です。

「ねんきん定期便を確認すればアクセスキーが分かるから、ユーザーIDもすぐに取得できる~!」と思っていたのですが、「ねんきん定期便」到着からとうに3ヶ月を過ぎていた私の場合は【アクセスキーなし】の方で利用登録を進めることとなりました(^_^;)

 

今回はここまでとさせていただきます。
今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ

 

 

 

☆スタッフブログ☆〜4大資金の準備〜

 

こんにちは!スタッフのマホです。

お金のプロではない私が、エターナルフィナンシャルグループ㈱に入社してから知ったお金に関する事や、『●●をはじめてみた!』等の内容で、ブログを書かせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします^^

 

今回は、YouTube2本目の動画【~お金の貯め方3つのポイント~「4大資金はいくら必要?】の中から、現時点で4大資金はどのくらい準備できているのかを確認してみました。

※【~お金の貯め方3つのポイント~「4大資金はいくら必要?】についての詳しい内容はマネーテレビYouTube動画マネーTV】将来のマネープラン~お金の貯め方3つのポイント~「4大資金はいくら必要?をご覧ください^^※

 

結論から申し上げますと・・・。葬儀費用しか準備できていませんでした(;ω;)
葬儀費用については、入社してすぐに駒崎FPに保険の見直しをして頂き、その時に加入したものなので、目的・金額・期限について問題なく安心できるものなので、本当に早めに見直しをして良かったです(`・ω・´)ゞ 
ちなみに、変額終身保険(65歳払い済)での準備です。

 

さて、そうなると一刻も早く準備をはじめなくてはいけないなと思ったのは1・老後生活費 2・介護費用です!

老後生活費の足しの為に、ひとまずiDeCoに関しては本当に「一日も早くはじめたい!」という気持ちになっています。(iDeCoを始めた際にはこちらのブログにて、口座開設から一連の流れをまとめさせていただきたいと思います)
ただ、iDeCoだけでは年金不足分は補えないので、できれば同時に変額個人年金保険もはじめたいですね。

介護費用の為の終身介護保険に関しては、具体的にどのようなものがあるのか駒崎FPのアドバイスを頂きたいと思っています^^

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

マネーテレビYouTube動画【マネーTV】将来のマネープラン~お金の貯め方3つのポイント~「4大資金はいくら必要?」はコチラです↓

 

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ

 

 

 

☆スタッフブログ☆~お金の貯め方3つのポイント~

 

こんにちは!スタッフのマホです。


お金のプロではない私が、エターナルフィナンシャルグループ㈱に、入社してから知ったお金に関する事や、『●●をはじめてみた!』等の内容で、ブログを書かせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします^^

 

 

今回は、YouTube2本目の動画の内容の~お金の貯め方3つのポイント~「4大資金はいくら必要?についてです。~お金の貯め方3つのポイント~「4大資金はいくら必要?についての詳しい内容はマネーテレビYouTube動画マネーTV】将来のマネープラン~お金の貯め方3つのポイント~「4大資金はいくら必要?をご覧ください^^※

 

①つみたて目的を明確に決める ②つみたて金額を明確に決める ③つみたて期限を明確に決める

この3つのポイントを順に決めていく事で、こんなにも簡単にどの方法で準備したら良いかという所まで分かるとは思っていませんでした。

まず、それぞれを明確に決めるという事の重要性を学びました。今までは、目的から考えられたとしても、その先の金額や期限となるとだんだん分からなくなってしまって(^_^;)ふんわりと考えた状態で、その先の何で用意したらよいか(保険か?iDeCoか?など・・・)という所へいってしまい、結局なんだか決められずにいる状況でした。

お金の3つの色分けの時もそうでしたが、一つ一つしっかりと順番に進めていく事でしっかりと現実と向き合うことができるので、このような考え方をしっかり身につけていきたいなと思いました(`・ω・´)ゞ

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

YouTube動画【マネーTV】将来のマネープラン~お金の貯め方3つのポイント~「4大資金はいくら必要?」こちらです↓↓↓よろしければご覧くださいませ^^

 

 

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ

 

 

 

☆スタッフブログ☆【~お金の3つの色分けに挑戦~】

 

こんにちは!スタッフのマホです。


お金のプロではない私が、エターナルフィナンシャルグループ㈱に、入社してから知ったお金に関する事や、『●●をはじめてみた!』等の内容で、ブログを書かせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします^^

 

今回は、お金に苦労しない3つの仕組み
【お金の3つの色分け】①使うお金35%
 ②生活を維持するお金35% ③増やすお金30% について、 YouTube動画マネーTV】お金に苦労しない3つの仕組み作り「家計の管理」の中のそれぞれの詳しい内訳表を見ながら、我が家の場合、現在どのような割合になっているか実際にみてみました!!

 

結果は・・・
①オーバー ②オーバー ③足りていない という結果に。。。Σ( ̄ロ ̄lll)

 

仕組み①②③それぞれの詳しい内容が書かれた表はとても参考になりました!!今まで、変動費・自己投資・固定費等の分け方が全然違っていました。。。

 

特に②生活を維持するお金 は、大体割合内かと思っていたので、ここがオーバーというのは削るのが難しいので、これは一日も早く解決策を見つけなくてはなりません。。。けれども、早く知ることができて良かったです!生活を維持するお金の見直しはもちろんですが、収入も増やそう!というやる気も出てきました(`・ω・´)ゞ

 

皆様も宜しければ、YouTube動画 マネーTV】お金に苦労しない3つの仕組み作り「家計の管理」 内の、仕組み①・②・③の表を参考にご自身の割合をみてみてください^^

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ