2月9日資金受取分の住宅ローン金利が0.77%!フラット35S金利引き下げ幅拡大

平成27年2月3日に成立した平成26年度補正予算を踏まえ、住宅ローンフラット35Sの金利引き下げ幅が、平成27年2月9日以降に資金を受取りになる人から拡充されます。

例)H27年2月9日に実行する場合

<借入期間35年、金利Aタイプ(10年間金利引き下げ)※フラット35>

当初10年間   0.77%
11年目以降   1.37%

※フラット35の金利は金融機関によって異なります。

<融資額が3000万円の場合>

当初10年間   年間 約98万円の返済
11年目以降   年間 約108万円の返済

当初10年間の資金計画をどのようにするのかがとても重要です。

(あなたのご家庭ではどんな資金計画を選びますか?)

☑️利息軽減分を10年間貯蓄する
☑️利息軽減分を10年間運用する
☑️利息軽減分で生命保険に加入する
☑️毎年繰上返済をする(インターネットは10万円以上から)
☑️毎年のレジャー費にする
☑️毎月の外食費にする

今を楽しむのか、将来に備えるのかは、あなた次第です。

答えはありませんが、

どちらも大切なことですので、何ごともちょうど良くバランスが大切です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です