海外旅行保険は治療費用が命綱

海外旅行保険は治療費用が命綱??

いよいよゴールデンウイークですね。
このシーズンは、旅行代理店のパンフレットを見たり、インターネットでゴールデンウィーク特集を閲覧したりするなど、気持ちは旅行気分になる方が多いようです。旅行に出かけるなら、楽しく思い出に残る旅行を計画したいものですね。

私の場合、旅行を計画する時には旅行目的を最初に決めるようにしています。
例を挙げてみますと、このようなものがあります。

・基本料金10万円以下のリフレッシュツアー
・大自然の中でたくさん楽しむツアー
・マリンスポーツやビーチでのんびりツアー
・観光名所でお買い物などたくさん楽しむツアー

旅行目的を決めたら、どの国が良いのか、いつまで滞在するのかを計画します。そして旅行代理店の比較検討も。そんな計画の締めくくりは、海外旅行保険選びです。

最近では、インターネットで申込を完了できる海外旅行保険も人気の一つになっているようです。

http://www.dairitenhp.com/eternal/

理由としては、クレジットカード払いであれば、旅行の出発当日に加入ができる、インターネット割引やリピーター割引ができる商品も魅力的です。

海外旅行保険の補償内容は、ケガでの死亡や後遺障害、病気での死亡、ケガや病気での治療や救援費用、緊急歯科治療、携行品の損害、人や物に対する賠償責任、テロ対応費用など、手厚い補償を準備する事ができます。
クレジットカード付帯の海外旅行保険や生命保険で死亡保障や医療保障を契約している方は、不足部分の補償のみを準備すれば保険料は割安で済みます。

海外で病気やケガで治療をすると、健康保険が使えないので治療費がかなり高額になります。そのため、特に重視すべき補償としては、補償期間中に発病した病気や特定の感染症で治療をした場合の疾病治療費用保険金、救援対象者の死亡・入院・遭難等が発生した場合に、ご家族が負担される費用などを補償する救援者費用保険金が、最重要補償といえるでしょう。

旅行目的・旅行先・滞在期間などを考慮して、必要な補償内容と保険金の設定をするのが合理的な選び方です。旅行の計画と同じように決めたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です