ブログ

当社、エターナルフィナンシャルグループ株式会社の代表である駒崎竜のブログです。

ブログ一覧

ソニー生命保険の一部商品の保険料率改定

2018年4月2日

エターナルフィナンシャルグループ株式会社

 

ソニー生命保険の一部商品の保険料率改定

 

 エターナルフィナンシャルグループ株式会社が取り扱うソニー生命保険では、契約日が2018年4月2日以降となる保険契約につきまして、保険料率の改定を実施いたします。

 

保険料率の改定を行う商品の保険料については、概ね、引き下げになりますが、申込内容や診査結果により引き上げになる場合がございます。お申し込みの際には、ご留意いただきますようお願い申し上げます。

契約日が2018年4月2日以降の契約から保険料率改定を行う商品

 

【主契約】

  • 平準定期保険 無配当

  • 平準定期保険(喫煙リスク区分型) 無配当

  • 低解約返戻金型平準定期保険(障害介護型) 無配当

 

【特約】

  • 平準定期保険特約 無配当

  • 平準定期保険特約(喫煙リスク区分型) 無配当

 

 

2018年4月2日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : master

業務委託契約に関するお知らせ

2018年4月2日

エターナルプライベートバンキング

 

業務委託契約に関するお知らせ

 

 

 エターナルプライベートバンキング(代表 駒﨑竜)は、2018年4月2日、あかつき証券株式会社(代表取締役社長 工藤英人 東京都中央区日本橋小舟町8番1号 ヒューリック小舟町ビル 9階)と業務委託契約を締結しました。

2018年1月から開始した「つみたてNISA」、公債や社債の店頭販売、外国株式の店頭販売に関するお客さまニーズにお応えするため、日本最古の総合証券会社の一つである、あかつき証券株式会社の商品を取扱いすることになりました。

 

 

金融商品仲介業者:駒﨑竜(エターナルプライベートバンキング)

登録番号:関東財務局長(金仲)第820号

所属金融商品取引業者:エアーズシー証券株式会社、あかつき証券株式会社

 

 

関東財務局 金融商品仲介業者一覧

http://kantou.mof.go.jp/kinyuu/pagekthp00400054.html

 

2018年4月2日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : master

2017(平成29)年度 業績のご報告(速報)

2018年4月2日

エターナルフィナンシャルグループ株式会社

 

2017(平成29)年度 業績のご報告

 

エターナルフィナンシャルグループ株式会社(代表取締役 駒﨑竜)の2017年度(2017年4月1日~2018年3月31日)の業績速報をお知らせします。

業績概況

 

売上高  (前年同期比 +1.4倍)

EBITDA (前年同期比 +9.8倍)

 

顧問契約が引き続き順調

オーナー経営者の経営支援と資産管理に関する顧問業務が順調な伸びとなりました。

当社の強みである経営コンサルティング(戦略、組織、財務)とファイナンシャル・プランニングの融合サービスが、オーナー経営者のニーズにお応えすることができました。

 

損害保険代理業の挙績が増加

当社の損害保険契約の99%を占める不動産オーナーにおいて、地震保険契約の更新契約を多く迎えたこと、また、新規チャネルからの新築アパートの火災保険契約が増加要因となりました。

 

 

新規事業の売上も貢献

生命保険代理店、関連会社での金融商品仲介業(IFA)が、お客さまや取引先のニーズにお応えすることができ、ワンストップサービスの一助となりました。

 

 

2018年度(12期)は、サービスの充実と質の向上に日々研鑽し、お客さまや取引先のビジョン達成支援を愚直に行っていきます。

 

2018年4月2日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : master

お金の相談相手がいないオーナー経営者へ

一代で成功の道を切り拓いてきたオーナー経営者なら気づいていることでしょう。

資産運用や資産形成に関する無料セミナーや書籍プレゼントのプロモーションは、接触機会を作るためのきっかけ商品であり、貴方が知りたい真意を理解して、問題解決ができるソリューションにはなり得ないことを。

しかし、それを頭ではわかっていても、セミナーや書籍に手を出してしまう自分がいるのはなぜでしょう。

顧問税理士に資産運用の相談をしたら、頭ごなしに「やめた方が良い」と言われたからでしょうか?

お金の話を親身に相談できる相手がいないからでしょうか?

営業はされたくないが、お金に関する情報に渇望しているからでしょうか?

貴方のビジネスで冷静に考えてみれば、顧客を集客するためのマーケティング手法として、無料セミナーや書籍プレゼントのプロモーションを行うことを理解できると思います。

自分自身が顧客の立場になると、そのプロモーションの網にまんまとかかってしまうのです。

1年で数倍になる投資、誰もが安定経営できる不動産投資、金融市場のトレンドを読み取る方法など、そのような話は現実的ではないことを理解しないとなりません。

ビジネスの世界において、誰でも成功できるビジネスがはたしてあるのでしょうか?
それは、ビジネスオーナーであれば、なおさら理解できると思います。

オーナー経営者のお金の相談相手は、親身に相談ができる有料相談のファイナンシャル・プランナーが適しています。

そして、資産運用と税務対策を横断的に考えられ、不動産や保険、海外投資にも詳しい方が望ましいと思います。

何かの分野に特化された方ですと、オーナー経営者の資産管理に偏りが出るアドバイスをしてしまう可能性がありますので、経験や実績が豊富なファイナンシャル・プランナーに相談してみて下さい。

職業、収入、暮らし方、家族構成が違えば、ライフプランは千差万別ですので、資産運用や税務対策は、オーダーメイドである必要があります。

【人材確保対策】無料の福利厚生サービスの活用

ファイナンシャル・プランナーの駒崎です。

企業の人材確保対策について情報提供いたします。

 

日本の人口構成が少子高齢化に伴い、「優秀な人材の確保」が企業の中長期的な課題となっています。

特に、中小企業では「採用氷河期」が到来しているとも言われており、人材確保に関する厳しい状況は、今後、ますます顕著になることが予想されています。

 

2017年1月31日に厚生労働省が発表した2016年平均の有効求人倍率は1.36倍です。

危機感に直面している大企業は、余裕のあるキャッシュフローを使って82.3%が人材確保のために新たな取り組みを実施しています。

しかし、資金的余裕のない小規模企業は59.7%しか人材確保の取り組みが出来ていないというデータがあります。

 

そのため、中小企業の人材確保の取り組みとしては、生命保険会社を使って無料で福利厚生制度を充実させるのが今のトレンドになっています。

 

ひとつ例を出しますと、B社の給与が5,000円低いのですが、福利厚生が充実しています。

A社 B社

給与

220,000円

215,000円

勤務時間

9:00~17:30

9:00~17:30

休日

週休2日制 週休2日制
給与 昇給/年1回

昇給/年1回

福利厚生 社会保障・労働保険完備

社会保障・労働保険完備、見舞金・弔慰金規定、社員向け優待・割引、財産形成支援、健康支援制度

実は、赤字の部分が生命保険に加入するだけで無料で活用出来る部分です。

求人情報としては、どちらの企業が魅力なのでしょうか。

 

企業などが生命保険に加入するだけで、ESソリューションサービス※という従業員向けの福利厚生パッケージを無料で使用することが出来るのです。

 

具体的なサービスとしては以下の3つです。

★人事・労務サービス・・・経営者向けに「助成金チェック」「就業規則チェック」「メンタルヘルスケアチェック」など社会保険労務士のアドバイスを受けることが出来るサービス。

★健康支援サービス・・・従業員の電話メンタル相談サービスやマイドクターサービスなどのサービス。

★クラブオンサービス・・・宿泊やレジャー、レストランなどの割引を全国の施設で使えるサービス。

 

生命保険に加入されている経営者の皆さまには、こういったサービスの活用をお勧めいたします。

今の時代、中小企業は福利厚生にお金をかけるのではなく、福利厚生サービスを出している生命保険を活用して無料で福利厚生サービスを活用できる時代です。

将来の人材確保や事業拡大の参考になればと思います。