☆FP駒崎さんに質問☆【保険編~水災時の車の補償~】

こんにちは。スタッフのマホです。

今回は水災への備えについてお聞きしたいと思います。

マホ「今年も、大雨による大変な豪雨災害が発生しております。。。水災についての備えですが、もしも台風や津波で車が流されてしまった場合、火災保険の補償対象になるのでしょうか?

 

駒崎FP「最近の自然災害は怖いですから確認しておきたいことですね。実は火災保険や地震保険では、車は補償の対象外とされています。そのため、水災に備えるには、自動車保険で準備をします。

 

マホ「火災保険や地震保険では車は補償の対象外なのですね!

 

駒崎FP「自動車の任意保険では、“相手への賠償”、“ケガの補償”、“車の補償”の3つに大きく分類されます。このうち、車の補償は車両保険と言います。車両保険に加入していれば、台風・竜巻・洪水・高潮による車の損害が補償されますので、台風による水害については車両保険で備えることができます。しかし、地震による津波が原因で車が流された場合は、車両保険金は受け取ることができません。

 

マホ「そうなのですね。車両保険に入っていれば、台風・竜巻・洪水・高潮による車の損害が補償されるのですね。では地震による津波が原因で流された場合はあきらめるしかないのでしょうか(>_<)

 

駒崎FP「津波による車の損害に備えるために、弊社取扱いの三井住友海上火災保険では、地震・噴火・津波「車両全損時定額払」特約という補償を準備しています。こちらの特約を付けていれば、津波により車が全損になった場合に50万円を地震等保険金として受け取ることができます。但し、車両保険金額が50万円未満の場合は車両保険金額が上限となります。

 

マホ「津波による車の損害に備えられる保険もあるのですね!

 

 

今回も駒崎FPありがとうございました!

 

あなたもFPに質問してみませんか?

例えば、「iDeCoとつみたてNISAはどちらがよいの?」「保険は掛け捨てよりも積立タイプがよいの?」など、世の中にはたくさんの金融商品がありますが、難しい言葉で書かれているからわかりにくい。でもFPに相談するまででもないけど、質問できる人がいない。そのようなことってありませんか?

そこで、貯蓄・保険・投資・住宅ローン等についてのご質問をお受けして、お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーがメルマガにて回答するサービスが、無料メルマガの『お金の知恵袋』です。

無料メルマガ登録はコチラ